国内便の格安航空券が安いのはチェックインカウンターにあります

予備の機体がないから欠航が怖い

しかし安さの秘密の中には不便な点があります。
まず第一に挙げられるのがチェックインカウンターです。
大抵の場合が空港の片隅にある場合が多く、搭乗口へと向かう通路は遠いところにあるのが一般的です。
もちろん例外もあって運よくいい場所にある場合もありますが、そういったケースは稀です。
そしてチェックインカウンターは自分のスマートフォンなどの画面をもとに機械を操作して搭乗券を発券しますが、機械自体があまりないところやその会社のサービスマンが少ない事から不便な事が挙げられます。
これは空港職員の人件費を削減しているためで航空運賃を安くするためにここでも人員カットをしているのです。
そのためチェックインをする時はある程度時間の余裕がある時にするのがおすすめです。
その他には便の変更ができない点があります。
大手キャリアであれば機体に予備などを駐機させる場合が多いですが、LCCはギリギリで回していますので予備がありません。
そのため機体の整備した上で不備が見つかった場合は、他の便への変更などができなく、他社便を自分で探したり、別の日に改めて予約し直すなどの対応をしなければなりませんので注意が必要です。

最低限のサービスに抑えたのがLCC予備の機体がないから欠航が怖い大手キャリアの安心感

格安航空券エアブックマーク