国内便の格安航空券が安いのはチェックインカウンターにあります

大手キャリアの安心感

それから実際に搭乗する際にバスを利用する確率が高いですね。
羽田空港や伊丹空港、あるいは福岡空港などは航空機の離陸や着陸の数がとても多い空港として有名です。
これらの空港では搭乗口の数が足りず、やむを得ず、搭乗口に直接連結するのではなく、空港施設に駐機させておきます。
その場所まで搭乗口から階段を下りてバスに乗り、バスで飛行機の前まで移動して、歩いて階段を上って飛行機の乗るという作業が発生します。
これが意外と面倒で、自分はてきぱきと動いていても中にはダラダラと行動する人や中には足の状態がよろしくないご老人などもいますので、全員を機内に誘導するのに時間がかかるため、その時間にイラつく場合もあります。
それらの時間なども含めての格安航空券の運賃という訳です。
実際のところどちらのほうがよいのか迷うところでありますが、移動時間という意味ではそんなに変わりません。
巡航速度は機体によって若干の差はあるものの誤差の範囲です。
機内サービスと座席のゆとり、それからチェックインカウンターに搭乗までの手順全てをあわせて国内便の価格の差となりますのでその点を含んでおいて判断するのが健全です。
それに格安航空券になれているといざ大手キャリア便に搭乗した時のほっとした安心さというものもたまにはいいものです。

最低限のサービスに抑えたのがLCC予備の機体がないから欠航が怖い大手キャリアの安心感

格安航空券エアブックマーク